ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.30 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.04.30 Monday

万年筆の経年変化〜masahiro万年筆


せっかく過去ログが残っているブログを再開するのだから、経年変化を見られるような内容だと読む方にとっても参考になるかなと思い投稿。わざわざ字晒す必要は、全く無いんだけど一回やってみたかった。字がアレだから10年に一回くらいしかできませんが。


ときに、他の人が万年筆で書いた字を見るのってすごい楽しい。

線の引き方とか、インクの乗り方とか、書き方や紙やインクによって変わってきて個性があらわれて。

以下、私が好きなそういうサイトをメモ。


万年筆で書く 

以前は、雷屋さんご本人が直筆されていたのですが、ご病気になりしばらく期間の空いていました。そこに、白雨さんという方が現れ代筆される形で復活されています。


Storia Di Un Minuto

美麗な字と、さまざまなインクの画像が楽しめます。こういう字を書きたいですな。


で、本題に戻ってペン先の経年変化をば。pilotの10号、SFM。

10年間、パイロットのブルーしか使っていません。

画像より、全体がもう少し赤くエボ焼けしています。先の方は、インクの青と相まってか、なんか不思議な色に。

大分、年季入ってますが、書き味は毎度素晴らしい。


軸の方はこんな感じ。

キャップしたとき隠れる部分は黒くツヤが残っておりますが、外側は変色しています。

軸を洗浄するときにちょっと熱めのぬるま湯をかけてしまうと一気に変色してしまいます。

エボナイト軸を洗うときは人肌くらいがよいようです。

ま、変色も味の一つとして全然気にしちゃいないんですが。


はて、これから何年愛用できるでしょうか楽しみです。

2018.04.28 Saturday

あまりにも久々すぎて

お。このブログまだ生きてたんだ、と思うくらいに久々で。


でも、「masahiro万年筆製作所」とかのワードで検索すると、下の方にこのブログの記事が出て来たりするので、多少なりとも記事の累積があることだし、趣味も変わってなくって相変わらずlamy 好きだし文具好きなので、webの片隅で改めてゆるゆると更新していこうかな、と思った次第。


最近、以前よりまして文具が流行っているようだし、更新のためのデバイスもPCからiPadに変わってるし、カメラの画質も格段に良くなってるし、、、、ってもはや発言がおじいちゃんw

2007.08.26 Sunday

須田帆布  ポストマン・バッグ

おひさしぶりでーす。
あんまり放置してると、アカウント消されちゃいそう…(^^;

本当は旅行に行く予定だったのに、突然のアクシデントで行けなくなった(泣)ので、ヤケ買いした鞄です。。。(にしては意外とお手ごろ価格なんですが)

須田帆布  ポストマン・バッグ


通販だと直筆の手紙とオマケのポーチをもらえるらしいです。ちなみに僕はアメ横で手に入れました。色はキナリ(写真ではちょっとカーキっぽく見えますが)

名前のとおり、郵便屋さんが持っていそうな形をしてます。
特に異なった素材が使われている部分があるわけでもなく、大きなプリントがされているわけではないので、色は単調なのですが形がちょっとユニーク。(前の垂れている部分の留め方とか、肩紐のつけられ方などなど)

A4のファイルがぎりぎり入るくらいの大きさなので、肩から斜めがけしても大きすぎず、例えば財布と文庫本と雑誌と、ノートと、、、、、と、まぁちょこっと外に行くくらいのものなら十二分に収納出来ます。

こんな感じに。縦長な分、底が深めに感じられます。

(↑写真の状態で、B5ノート、参考書、小説2冊、ティッシュ、ウェットティッシュ、財布、タバコ、名刺入れが入っています。結構大容量)

巷で言われているとおり、素人目にもしっかりした縫製であることがわかります。
帆布自体もそもそも丈夫な素材ですから、まさに「ガンガン」使えそうです。
久々にいい買い物をしました。




2007.05.13 Sunday

masahiro万年筆


2つ前のエントリーでちょっと出しました万年筆。
masahiro万年筆です。
ブログを見ていただければわかると思いますが、それはもう頑ななまでにエボナイトにこだわっていらっしゃいます。
えー、いろいろ書きたいことがありすぎてどうにもこうにもまとめられないので小出し小出しでひっぱっていこうかな〜と思います。
というわけで、今回は素材について。

内野氏の万年筆を購入するきっかけの1つが、ペン芯を含め全てエボナイト製であるということ。
webや万年筆関連の本などで、「やっぱり万年筆はエボナイト」というような記述をよく見かけます。懐古的な意見なのか、ちゃんとした理屈に基づいた意見なのかはわかりませんが、とりあえず万年筆においてエボナイトという素材はある一定の位置にあることは確かなようです。

でも、エボナイトって身近にない!!!
何!エボナイトって!?
日光でくすむ?しっとりと吸い付くような手触り?使うことでくすみを防げる(艶が出る)?などなど、情報は多々あれど実際に目にすることはなく妄想は膨らむばかり。

万年筆にハマったからには1本くらい持ってみたい、ということで購入しちゃいました。

ご覧の通りの輝く漆黒。
そして、触って感激使って納得、確かにもったときに少し吸い付く感じです。
適切な表現かわかりませんが、柔らかな手触りです。



こちらがペン先端部分。
ペンはパイロットの10号サイズです。インクフローは多めで、指定させていただいた字幅内でギリギリまで多くしている、といった印象です。
結構持ち歩いたりしているんですが、インク漏れ等のトラブルはありません。

(次いつになるかわかりませんが…続きます。)
2007.04.30 Monday

LAMY Safari 夏限定モデル?

お久しぶりです。えーと、、、、このブログはまだ生きております。(笑

相変わらずLAMYなんですが、
http://www.pengallery.com/details.aspx?productID=2003
↑こんなんとか
http://www.pengallery.com/details.aspx?productID=2002
↑こんなんとか

出る(出てる?)みたいですね。日本に入ってきてるのかな?
最近は文具系の買い物はしていても、そういうお店に行く頻度はやや下がってきてるのでいるのでキチンと追えてないですが。

最近、改めてSafari欲しいなーと思っていて、どの色がいいかちょっと考え中なのです。これが入ってきたら選択肢がまた増えて嬉しい。
2007.01.14 Sunday

ホントにパーカー互換?

以前購入したUSUS(ウズウズ)のボールペン、意外と取り回しがきくので良く使っていました。
最近になって、リフィルを青くしたいなーと思い始めてパーカーのリフィルをはめようとしたのですが………あれ?はまらない。

一応、ネットショップなどではパーカーのリフィルが使える旨、書かれているのですがリフィルの後ろ端の形状が違うせいできっちりはまりません。


↑青い方がパーカーリフィル、灰色のがもともと入っていた物。
きっちりとリフィルが収まらないのでペン先をひっこめることができません。

うーん、もしかしたら、マイナーチェンジされていて以前の商品はパーカー互換ではない??
これだったら、ウリの1つである「末永く使える」が無意味になってしまいます。
うーん。。。。。。(悩
2007.01.08 Monday

万年筆を買いました。


 今月はまた忙しくなっちゃって更新もままならないことが予想されるのでいまのうちに更新。

 どーん。

 詳細はもう少し使い込んでみてから書いてみます。この画像で、一発で、製品名をわかった方がいたら拍手モノです。(多分)(挑戦)(いいかげんなエントリ?)(いやいやそんなことないですよ?)
2007.01.01 Monday

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。
何気なく始めて、更新したりしなかったりを繰り返しているうちにはや1年、あいも変わらずLAMY好き。

とはいえ、前年度はあまりLAMYを買わなかったかな。大きいものでDialog1くらい。
最近はPilotなどの国産文具に目が移り気味なこともあり、手持ちの製品を日常に使うに留まりまった観があります。

今年はどうなることやら。度胆を抜いてくれるような商品に期待したいです。
このブログとしてはもうちょっとLAMYづくせるよう頑張りたいと思います。^^;

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2006.12.11 Monday

クオバディスの革カバー(cibone青山)


 まったり更新のawlです。お久しぶりです。
 やまかつさんに触発されて、カバーを買ってしまいました。Real Designの1月号に掲載されているシボネ青山のものです。クラチカ吉田にはやまかつさんの購入されたものの色違い?ほか数種と、蝋引きの革のものがあったのですが、後者は結構お値段が張っていたので今回はスルーしました。

購入場所:CIBONE青山
値段:7,000円くらい(高っ!)
動機:衝動買い
結果:ちょっと反省。でも満足。



 クオバディスの弱点(?)としては月間ダイアリがないことと、ペン挿しがないこと(どちらも好みによるとは思いますが)だと思うんですが、これで完全装備!?
 画像のように大きいベロがついていて鞄の中で無闇に開いてしまうのを防げます。革はかなり厚手のもので、結構硬いのでリフィルを入れるときに若干苦労しました。展示品は程よく“クタッ”となっていたので、そうなるまでこの硬さを堪能しようと思います。


 12月4日から書き始められるので早速1週間使ってみました。ペンはパイロットのcavalier、太さは0.4mm。クオバディスに書くならこのくらいの細さがいいかなーと。

 左側のペンはOHTO アメリカンテイストです。アップしようしようと思っていたら、いつのまにかブームが去ってしまいました。^^;
 実は柊さんが購入されたもの(の1つ)と同じものです。グリーンと中央のブルーの色の取り合わせが気に入りました。

 最近、携帯カメラのピントがお馬鹿さんになってきていて………、デジカメ買おうかなぁ。
2006.11.12 Sunday

手帳構成と机の様子。


前回の更新の補足として画像を追加します。

ただ手帳の画像だけじゃ面白くないので、いつもの状態で机の上に手帳を広げてみましたが、う〜ん。雑然。(^^;

クオバディスの弱点であるマンスリーがないという点は能率手帳のペイジェム アティーナ マンスリーでカバー。こちらはカマタスエコさんのブログで紹介されていたのを見て真似しました。縦もクオバディスより若干小さくてちょうど挟めるサイズです。

左手は無印の革ロールペンケース。再販されたみたいですね。中身はご覧の通り2000と4ペン。

右手はパイロットキャップレスフェルモ、pentelケリー。最近はこの2本にハマり中です。
 キャップがないという取り回しのよさ、本格的な書き味は本当に使っていて楽しいです。
 ケリーは逆にシャープなのにキャップ付。でも、キャップがあることで先端がガードできる、ワイシャツにさせるというメリットは大きいと思います。筆記するときキャップを外して後ろにつけるときの“カチッ”という音が、気分を盛り上げてくれます。ノックしたときの感触も素晴らしい。

 中央チョイ上のサイコロ。こちらは友人からのもらいもの。sell・hold・buyと、転がすことで簡単に投資判断が出来ちゃうという画期的な製品。
 6面の内、sellとbuyが2面ずつ、holdは1面しかなくて、残りの1面には会社ロゴが入っています。会社にとってみればsellかbuyしてくれないと手数料が入らない。よく出来た製品です。(笑

 えーと、後ろはオキナのプロペ。比較的お値段がすることを除けば、万年筆との相性は最高で物凄く滑らかに書けます。書いては破ってポイ、書いては破ってポイ、と非常に贅沢な使い方をしております^^;

 まぁ、臨場感溢れると言うか、生活感溢れるというか、そんな画像ですが…、整理しなきゃね。^^;
Powered by
30days Album
PR